スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ペットから感染の脱毛症増加」の記事を読みました。

寝そべり大将@まう

Yhaooニュースにあった
<脱毛症>ペットから感染! 頭の水虫で毛が抜ける

という記事を読みました。
ペットを介して白癬菌(水虫)が人に移るという内容ですが、
水虫といえば、足にできるものと思いきや、 頭にも移るなんて(@_@;)

痒くなったり、フケが多くなったり、毛が抜けて生えてこなくなったり、、地味に怖い。。
ちょっと気になったので、いろんなサイトを見てきました。

【白癬菌メモ】
・白癬菌=カビ
・カビは湿ったところが大好き。
・汗をかいた足、頭皮などの毛穴から侵入して感染。

※その他、ペット→人、人→らペット、人同士、ペット同士でも感染。

・菌に感染しても、すぐ発症するわけではない。
 ※発症するには、複数の条件(皮膚が高温多湿、抵抗力が弱まる)が重なる必要あり。


【症状】
・人:かゆみ、水ぶくれ、皮がむける、フケが大量に出る、毛が抜けやすくなる
・ペット:体をかきむしる、硬いものに体をこすりつける、体のあちこちに脱毛、かさぶたがある


【病院での治療】
・人:塗り薬、飲み薬など。
・ペット:殺菌液で薬浴。症状によっては、患部にヨードチンを塗ったり、軟膏を塗布(完治するまで)。


【予防】
・菌が発生しないよう、日頃からこまめに部屋を清掃
 →バスマット、スリッパなど家族と共有するものは特に注意。
・身に付けるものの清潔を心がける。
 →靴下は毎日履き替える。足の指を綺麗に洗う、などなど。
・犬や猫のベッドやケージなども掃除洗濯、除菌スプレーなどで時々消毒を。( ・_・)r鹵~<巛巛巛


【白癬菌にかかりやすい人、ペット】
・子どもや高齢者、免疫力が低下している人(=犬、猫も同様)
・犬や猫は、短毛種より長毛種のほうがかかりやすい。


水虫なんて、オジサンが掛かる病気でしょー!と思いきや、
「日本人の4人に1人は白癬菌に感染している!」
「若い女性にも水虫が増えている!」なんて記事もあったり。

症状がないからって、油断はできませんね・・

それにしても、ジムにおいてあるマットとか、トイレのスリッパとか使いたくねぇ~!(笑)

神経質になりすぎるのは良くないですね^^;
部屋中をシュッシュしまくりたい衝動にかられますが、
いやいやいや、それよりも「抵抗力」とか「清潔」に気を配らねばね・・。

梅雨は、ダニやら菌やらいろいろ沸きますなぁ。。(・へ・)

(参考サイト)
ヘルスケア大学
皮膚科では教えてくれない水虫解消法
髪のケア生活
子猫のへや

(参考書籍)
・猫の家庭医学(ジェームズ・マッケイ著/ペットライフ社)


▼Amazonの飲料に関するアンケートに答えて、オランジーナ1箱もらえました!
サンキュー、Amazon!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。